タグ:わびさび ( 4 ) タグの人気記事
沖縄 北中城村 中村家住宅
中村家は、18世紀中頃に建てられたとも、19世紀初頭に建てられたとも言われている築200年を越す沖縄の旧家です。
重要文化財の指定を受けていて、以前は一般公開されながら末裔の中村一家が住まれていたようです。
今は中村さんも管理をされているだけで住まれてはいませんが、住居はよき頃の面影を残したまま、ひっそりと佇んでいます。
e0124483_081544.jpg


那覇に着いて沖縄蕎麦の淡水さんでお昼を頂いた後。
本当は首里城に向かうはずの予定だったんですが、雲行きが怪しくて時折小雨もぱらつく生憎の天気。
仕方がないから、とりあえずホテルにチェックインしようかとレンタカーを走らせていると、あちらこちらに「中村家」を指し示す標識が見えます。
中村家・・・・・・・ん?俺ってば沖縄に家を持ってたっけ。いつもいい子にしてるから誰かがプレゼントしてくれたのかと思いました。そんなわけないやろ。

どうせ暇だから、と標識の通りに走っていくと旧い家が見えてきたのでお邪魔したと言うすんぽうです。
e0124483_01843100.jpg


e0124483_0201836.jpge0124483_021868.jpg
e0124483_025753.jpg

e0124483_0265548.jpge0124483_0272264.jpg
建屋は鎌倉・室町の日本建築を基本に作られてていますが、所々に独特の手法が用いられ沖縄建築の様式の全てがこの建物にあると言われています。

e0124483_0523411.jpg
e0124483_0564890.jpge0124483_057619.jpg e0124483_0572815.jpg
家具や什器や装飾品もも殆んどそのまま残されていて、当時の様子が伺えます。時期的に正月を迎えるにあたり、かつてここで一族が集いの場を設け団欒している風景が想像できました。

e0124483_113771.jpge0124483_13981.jpg
e0124483_15748.jpg
庭に出てみました。
かつての栄華も一家離散の憂き目も全て見てきたシーサーは、まるで何もなかったかのようにアッケラカンと宙を眺めていましたが、誇りも深い悲しみも内包しているように思えました。

[PR]
by shigekkies | 2008-01-09 01:44 | 日記
鈴鹿サーキット
e0124483_13262010.jpg
              澄み切った青空の下の虚無。
e0124483_13275875.jpg
              人の注目を浴びる物体の傍で静かに佇んでいる風景。
e0124483_1330678.jpg
                             お祭り騒ぎの中で初めて感じる孤独感。
e0124483_13304118.jpg
              忘れ去られようとするものの困惑。
e0124483_13332180.jpg
              朽ち果てようとするものだけが醸しだすアンバランスなバランス。
e0124483_1337327.jpg
               雑踏をを少し外れるとたちまち姿を現わす静寂。
e0124483_1351285.jpg
               楽しそうに作られた景色がもつ寂しさ。宿命。
e0124483_13585167.jpg
              日本人はこれから先、何処へ向かおうしているのだろう。






暗ぁ~w

写真にタイトルをつける代わりに一言ずつ言葉をあげてみたけど、こんなコメントを読むと「成記は大丈夫か?」なんて言われそうだな^^;

でも、ご心配あれw 否、ご心配なくw
人が見過ごしそうな一画に目をくれてやれるのは、精神が安定してるからに他ならないのだ。

それにしても眠い。
夏と同じ睡眠時間では体が持たない;
今は夜勤中だけど毎日4時間は寝てるんだけどなぁ。
きっと俺のDNAの中の旧い記憶が、冬眠しなさいって言ってるんだと思う。

4日後は大阪モーターショー。その翌日はかわいい後輩の結婚式。東福寺の紅葉もそろそろだから見に行かなくては。
その後、神戸にルミナリエも見に行きたいし、忘年会&クリスマス関係のイベントもあるかもしれないし、寝てる場合じゃなさそうなのは確か。

[PR]
by shigekkies | 2007-11-27 15:00 | 日記
嵐電は今日もガタゴトと
e0124483_23017.jpg

毎日、家の前を当たり前のように走る桜餅色の電車。
古い車体をきしませながら今日も走る。
赤字の車体を走らせるこの路線も無くなってしまえば、きっと哀しかろう。

秋を迎えるたびに春と比較する。
多分春と同じような気候の秋だけど、暑さに慣れかけた身体には随分と涼しく感じるもんだ。
コレが春なら汗ばむ季節の到来に、意味も無く期待を高めることだろう。
要は感じ方次第、考え方次第なんだって、改めて思う。
俺にとっては哲学の秋。

こうして年を重ねていくんだなぁ、と思い始めてはや数年。
まだまだ頑張らなくてはいけないが、もうコレでいいんじゃないのか、と思うのも、この時期特有の考え方かも知れない。秋にはため息が出る。
バテているのは身体では無く、心かも知れないな。
いっそ、この月を憂い月と名づけてしまおう。

電車で旅する人々は何処から来て何処へ行くのか。(嵐山にいくんだよ)
せめて憂いを残さぬ良い旅を。
嵐電が老体を揺らしながら走るうちは、俺もこいつに負けるわけにはいかない

[PR]
by shigekkies | 2007-09-11 02:35 | 日記
ペットの滝登り
今日は仕事は休みだけれど、家には誰もいないのでアイを嵐山までチョイ乗り。
渡月橋の上流は大堰川(おおいがわ)、下流は桂川と名付けられている。
川には中ノ島があるので当然本流と伏流に別れている。
桂川の伏流は主に鵜飼の船や遊覧船の船着場となっている。ハエ(オイカワ)がよく釣れるらしく、年配の釣師達の隠れた人気スポットでもある。

その伏流の縁を歩いていくと2mぐらいの堰堤が姿を現すのだが、大きな魚が勢いよく飛び跳ねているのが目に入った。
コイは滝など登らないがサクラマスなら上流を目指してどんどん登る。
サクラマスがココまで到達するには、大阪湾と淀川の二大難関を突破しなければならないので相当珍しい。

すぐにレンズを300mmズームに換えて被写体を追ってみたのだが・・・・・・・
それは魚ではなくて「伊右衛門」だった;;


e0124483_14361739.jpg
落ち込みに引き寄せられて・・・・・・
e0124483_14372963.jpg

e0124483_14405385.jpg
頭からダイビングしたと思いきや・・・・・・
e0124483_14411162.jpg


ピョコ~ンw
e0124483_14424113.jpg

ずっとコレの繰り返し。

このペットには絶対何かの怨念が取り憑いてるに違いない。アレは生きてたよ絶対。
いい加減に、ごみのポイ捨てはやめようよ。

[PR]
by shigekkies | 2007-09-02 14:51 | 日記