カテゴリ:回顧録( 5 )
奈良 東大寺
e0124483_22582243.jpg
前回「続きはまた明日・・・・」みたいなことを書いてたくせに全然更新されてないじゃん。などとお叱りを受けそうだが、実は書いていたのである。書いていたのではあるがアップしようと送信ボタンをクリックする寸前に全てが泡のように消えてしまったのである。やる気は一気にうせたのであるのである。ま、そんな事はどうでもいいのだが・・・・・・。
てなわけで遅ればせながら奈良編の続きをばw

e0124483_236640.jpge0124483_2362438.jpg
デジイチを持ったその日から何故か寺に行くと軒下を撮っている。(※正確に言うとデジイチを持った日に寺に言ったわけではないのだが、軒下の写真が好きだということだな。)
左側の写真は金堂の門の軒下。右は金堂の軒下。同じ様式で建てられてても本堂の軒は手がこんでるね。

e0124483_2391886.jpge0124483_2393438.jpge0124483_2394444.jpge0124483_2395428.jpg
左から広目天、増長天、持国天、多聞天。いわゆる四天王。星野之宣の漫画で俺にはおなじみw

e0124483_23143529.jpg

e0124483_23174540.jpg
長い年月を風雨にさらされてきた土壁もいいさびを出している。コレばっかりは人の手では再現できないだろう。

e0124483_23183474.jpg
7月の12日。この日もとにかく暑かった。さっきそうめんを食べたところだけど暑さに負けてこの店に逃げ込んだ。
カキ氷でも頂こうと思ったんだけど、ザルとぶっかけしかそばのメニューがないという気合の入れ方に負けてぶっかけそばを頂いた。(※カキ氷はひょっとしたらあったかもしれない)
とても美味しかったw

その日の夜と次の日を少々
[PR]
by shigekkies | 2008-08-19 01:01 | 回顧録
奈良 東大寺
e0124483_232272.jpg
東大寺にお邪魔しました。奈良に観光に来たのは多分小学生以来。
大仏さまが大きいのは承知していたけど、それは小学生の目線で見てたから、そう思ってたのは間違いでした。いやもう、でかいの何の。
大仏もさることながら大仏殿(東大寺金堂)の大きさにも圧倒されました。
江戸時代に焼失し、予算の関係から3分の2の大きさで修復されたにもかかわらず、今でも世界最大の木造建造物(3分の2に正確に縮小できる技術が江戸時代にあったってことにも驚き)。
過去の技術が現代に比べて劣っているとはとても思えない。それどころか失われた素晴らしい技術の方が多いんじゃないだろうか。そんなことを思いました。釘もコンクリートもクレーンすらもないのに・・・・・・
昔の人ってすごいですね。
e0124483_23341029.jpg
奈良に到着してまずは腹ごしらえ。そうめんのぶっかけを頂きました。

e0124483_23392610.jpge0124483_23402526.jpg
e0124483_23414027.jpg
e0124483_2342558.jpg
さすが奈良だけあって鹿はそこかしこにウロウロしています。
e0124483_23453420.jpg
気になったのは身体の紋。あの白い斑点は子供の頃だけ付いてるんじゃないの?
人になつくと大人になっても一人立ちできないってことなんでしょうか。
e0124483_23502079.jpg
大仏殿に入る門。名前は残念ながら見てませんでした。

e0124483_23521729.jpg
大仏殿。
写真ではわかりづらいけど、この建屋は白とグレーを基調としているので、少し離れただけですごく遠くに見えます。つまり大きいのにすごく遠くにあるような錯覚に陥るので実際以上に大きく見えるってことです。
それを意図して作られてるのならば故人の知恵に脱帽するしかないですね。

e0124483_023630.jpg
そして大仏像。大きいです。でも比較する対象がないのでわからないですね。しくじりました。
人の引いたときを狙ったのが間違いですね。
e0124483_095850.jpg

まだわかりにくいけど、とりあえず人よりは大きいって事で^^;

長いので続きは明日^^;
[PR]
by shigekkies | 2008-08-13 00:13 | 回顧録
伊丹空港をガチで撮るのだ
e0124483_0535312.jpg

[PR]
by shigekkies | 2008-08-03 00:55 | 回顧録
未整理の花達
e0124483_240751.jpg
意識しているわけではないんだけど、気が付くと花の写真が溜まっている。マクロレンズを持っているわけでも無し、腕でカバーできるわけでも無し。ろくな花の写真が無い。それでも花の写真が溜まるところをみると根本的に花が好きなんだろうな。
e0124483_2464250.jpg
ブログの更新をサボっている間にアジサイの季節さえも過ぎてしまった。去年はそうでもなかったんだけど今年はうちのマンションのアジサイも綺麗に花を咲かせていた。うまく根付いたんだろうね。
e0124483_2524660.jpg
名前も知らない花。もっとも名前を知ってる花の方が少ないんだけどね........orz
e0124483_2553364.jpg
我がベランダに花を咲かせたチューリップ。黄色くてかわいかったけどコレはちょっと旬を過ぎてるのかな^^;
e0124483_2585223.jpg
コレ何だろね。ウニ・・・・・・・・ではなさそうだ。
e0124483_325324.jpg

e0124483_342541.jpg
                 コレナニ?
e0124483_36783.jpg

e0124483_393865.jpg

e0124483_3124895.jpg
家内は雑草でも何でも育てる。コレは鉢に自生したクローバー系の草に咲いた花。直径1cmぐらいの可憐な花だった。
e0124483_3183599.jpg
                 アジアジw
e0124483_3202392.jpg
                 サイサイw
e0124483_3222635.jpg
                 マツバボタン。折角買ったけど今一、と家内が言うので少しはいいところをば・・・・
e0124483_3252461.jpg
                 やっと夏の花ヒマワリw
e0124483_3271672.jpg
                 ・・・・・が咲いたところ。でもヒマワリとは思えないぐらいちっちゃくてかわいい。
e0124483_3305577.jpg
家内のブログにも載っていたハイビスカス。でもそのシベには実は多数のカズノコが付いていたのであった。恐るべしハイビスカス。
しかも、今日の写真は全てクリックででかくなるのである。先に言えよ!である。
[PR]
by shigekkies | 2008-07-08 03:35 | 回顧録
建仁寺
e0124483_1434074.jpg
                            写真はクリックで大きくなります。

目の前にすると迫力あるね、やっぱり。
隣りの兄ちゃんが携帯のカメラでパチパチ写真撮ってる。え、それはまずいんじゃないのか。と思ってると他の人も結構平気でフラッシュ焚いたりしてる。
マジで写真撮っていいの?じゃ、俺も撮るよ?後から怒られても消さないよ?それにしても何て大盤振る舞いの寺なんだ。普通は撮影禁止だろ。そう思いながらシャッターを切った。
後から本物の風神雷神図を拝んで、さっき写真に収めたのはレプリカだったことにようやく気づく・・;

いやぁ。初めて建仁寺にお邪魔したんだけど、こんなに大きなお寺だとは今まで知らなかった。
しかも有名な風神雷神の図がこの寺の所蔵だと云うことも恥ずかしながら始めて知った^^;

e0124483_20379.jpg
e0124483_205863.jpg
e0124483_212730.jpg
日本最古の禅寺だそうで鎌倉時代の建仁2年に建立されたから建仁寺と名づけられた(調べてきたのがバレバレだ)ちなみに↑の写真は法堂(※はっとと読むのだよ)
e0124483_2351690.jpge0124483_2355275.jpg
e0124483_2375759.jpg
天井の細工もすごく細やかで見ごたえがある。その下で読経されていた。
e0124483_2381660.jpg


e0124483_2555783.jpg
そして誰しもがため息をついて見上げるのがこれ。天井一面に描かれた双龍図。え?コレも写真撮影okなの?フラッシュの光が当たると劣化が進むからダメだとか聞くけど・・・・・
じゃ、お言葉に甘えてw
e0124483_2581342.jpg
                               クリック!
e0124483_351632.jpg
でも、後から聞くとこの双龍図は建仁寺建立800年を記念して2002年に描かれたんだって。道理で写真撮影可能だったわけだ。そんなお茶目な落ちを用意していた建仁寺だけど全部回りきれなかったので、折があればまた行ってみたいと思います。
[PR]
by shigekkies | 2008-07-02 03:11 | 回顧録