奈良 東大寺
e0124483_22582243.jpg
前回「続きはまた明日・・・・」みたいなことを書いてたくせに全然更新されてないじゃん。などとお叱りを受けそうだが、実は書いていたのである。書いていたのではあるがアップしようと送信ボタンをクリックする寸前に全てが泡のように消えてしまったのである。やる気は一気にうせたのであるのである。ま、そんな事はどうでもいいのだが・・・・・・。
てなわけで遅ればせながら奈良編の続きをばw

e0124483_236640.jpge0124483_2362438.jpg
デジイチを持ったその日から何故か寺に行くと軒下を撮っている。(※正確に言うとデジイチを持った日に寺に言ったわけではないのだが、軒下の写真が好きだということだな。)
左側の写真は金堂の門の軒下。右は金堂の軒下。同じ様式で建てられてても本堂の軒は手がこんでるね。

e0124483_2391886.jpge0124483_2393438.jpge0124483_2394444.jpge0124483_2395428.jpg
左から広目天、増長天、持国天、多聞天。いわゆる四天王。星野之宣の漫画で俺にはおなじみw

e0124483_23143529.jpg

e0124483_23174540.jpg
長い年月を風雨にさらされてきた土壁もいいさびを出している。コレばっかりは人の手では再現できないだろう。

e0124483_23183474.jpg
7月の12日。この日もとにかく暑かった。さっきそうめんを食べたところだけど暑さに負けてこの店に逃げ込んだ。
カキ氷でも頂こうと思ったんだけど、ザルとぶっかけしかそばのメニューがないという気合の入れ方に負けてぶっかけそばを頂いた。(※カキ氷はひょっとしたらあったかもしれない)
とても美味しかったw



夜は天理ラーメンで評判のお見せを訪ねたのだが・・・・・・・うーん。今一^^?
京都のラーメンの方が俺には口に合っているようだ。

e0124483_2325598.jpg
e0124483_23271089.jpg
カオッチが仕事で奈良に通うときに近鉄の車窓からうっとりと眺めていたという朱雀門。平城京跡地の何も無い原っぱにライトアップされて幽玄なたたずまいを見せていた。
ただしこの門は文献を元に現代の建築技術を駆使して立て直されたレプリカ。原寸大模型と言ってしまうと見も蓋も無いがとても立派で見ごたえのある建物だった。
朱雀門は平城宮の正門である。ちなみに京都の朱雀門は跡地に石碑が残っているだけである。
言葉では迫力が伝わらないのでせめてクリックして大きな画像で見てください。
一枚目が正面。二枚目は裏側です。


e0124483_23303496.jpg次の日。ホテルをチェックアウトして若草山ドライブウェイを走った。この道は世界遺産に指定されているため途中から舗装もしていない地道になる。
e0124483_23314477.jpg若草山頂上。周りを山に囲まれているせいか晴れていても景色が霞んでいる。こんなところも京都に非常によく似ていると思った。
e0124483_23315665.jpg若草山には鹿がゴロゴロ。暑さのせいで本当にゴロゴロしている。何故かここにはメスと小鹿しかいなかったんだけど、何か意味があるんだろうか。
e0124483_23324947.jpg
母親が小鹿をグルーミング中。クリックで大きくなります。

e0124483_0581777.jpg
鏡池から金堂を望む。
[PR]
by shigekkies | 2008-08-19 01:01 | 回顧録
<< 舞鶴-海上自衛隊 奈良 東大寺 >>