たとえ月の出ない夜だって君を想えば照らされる
e0124483_0572887.jpg
だから、ついつい写真に撮ってしまうのかも知れない。


子供の頃、銭湯の帰り道。
父親と手をつないでこんな地道を歩いた記憶。

今じゃ京都でも少なくなった地道の路地。

もう一度だけ、あなたに手を引かれ、歩いてみたい。
二人で“お手手つないで”の唄を歌いながら。
そんな子供の自分が心の中に未だに存在する。

きっと俺が死ぬまで存在する叶わぬ夢。

[PR]
by shigekkies | 2007-10-13 01:08 | たわごと
<< 大阪万博記念公園 もうすぐ冬がやってくる >>